« 年明けはくりっくで | トップページ | 三本の矢で行きます »

2006年12月29日 (金)

額に汗して働くって

 12月29日。押し詰まってきましたね。

 そろそろ今年の取引もおしまいです。

 越年のポジがありません。気楽です。

 先週、ドジ踏みまくって離隔してしまった件。

 どうにか税金対策もすみました。

 様々なニュースが起きた今年。

 大型経済事件として、村上ファンドやライブドアがクローズ
アップされました。

 事件をどう受け止めるか。

 逮捕者がでるたびに、テレビや新聞が町の声を報じます。

 「残念だなあ」
 「期待してたのに」

 ベンチャーの旗手の転落に、嘆きが止まりませんでした。

 一方で、こんなコメントをする人が必ず一人はいました。

 「やっぱり、額に汗して働かなくっちゃ」

 「しょせん、市場でもうけようってのは、虚業だよ」

 逮捕は天罰だなんて息巻く人までいました。

 そういうコメントを一つは織り込むというのが、日本社会の
価値観の最大公約数をはずすわけにはいかない一般のマスコミ
の限界なのかな、と思わずにはいられませんでした。

 「額に汗して」

 概して日本には、この言葉の好きな人が多いようです。

 しかし、そこにはある種のジェラシーが含まれていることに
、気づいている人も少なくないと思います。

 額に汗して働かないのに、なんでそんなに儲かるんだ。

 言外に「ウラヤマシイ」という本音が漏れてしまっています

 年金は危うくなるわ
 家は35年ローンだわ
 会社まで2時間かかるわ
 サービス残業合法化法案通りそうだわ
 リストラははびこるわ
 家計は苦しくなるばかりだし
 税金も社会保険料もあがるばかり
 預金の利子は相変わらず雀の涙

 そんなストレスを抱えて働いてるオレらにを尻目に、どうし
てこんな若造が金持ちになれるんだ。
 
 逮捕されて、ああせいせいした。
 ザマーミロ。

 溜飲が下がるのは、わからなくもないです。

 でも、それらの問題が解決されたかといえば、そんなことは
ありません。

 モヤモヤのすべてを抱えたまま不安な老後に突入したくなけ
れば、それなりの手を打たねばなりません。

 レバレッジを武器に、大きなリターンをねらうFX。

 あぶく銭とこき下ろされるか。
 それとも投資の一つの方法としてもてはやされるか。

 私は、うまく使えば、これからの生活の、強い盾になってく
れると信じています。

 ただ、最初の一歩を踏み出すのには、やはりそれなりの資金
がいることを、今年一年手がけてみて実感しました。

 ロスカットをさけつつ収益機会をねらうためには、レートの
上下動をある程度吸収できるだけのバックボーンを常に持って
いることが必要になります。

 買うにせよ売るにせよ、年金の不足分を補填したり、生活費
の一方の柱を構築したりしようとするなら、1万2万という単
位での取引ではやや物足りないという方が多いのではないでし
ょうか。

 そうなると、口座の余裕証拠金は、どうしても100万円以上
必要になります。

 しかも、全額失ってもかまわない完全な「捨て金」でないと
いけません。

 生活費をつぎ込むのは御法度。
 まして、借金で用立てるのは正気の沙汰とはいえません。

 となると。

 始めに転がし始める玉は、それなりの実労働でこしらえるこ
とになります。

 FXは確かに丁半勝負で利益を生み出すものですが、それを
可能にするのは、実社会での労働の対価として得た貨幣。

 さらに、国際経済への目配りや、金融政策の勉強も欠かせな
いことを考えると、一概に賭博性をあげつらうのもいかがなも
のかという気がします。

 もちろん、これはFXに限らず、直接金融のすべての商品に
ついていえることでしょう。

 そこで利益を上げるために必要な技術や知識を身につけよう
と思えば、実社会での労働と変わらぬ努力と根性(?)が求め
られます。

 プロのトレーダーやアナリストがどれほどのストレスと猛勉
強に耐えて業務をこなしているか。

 それを思えば。

 「額に汗しない労働」などとさげすむのは、直接金融に対す
る自らの知識のなさを暴露するようなものでしょう。
 
 検挙された人たちは、犯罪を犯したと疑われたから逮捕され
たのであって、金を稼ぎすぎたから司法の網にかかったわけで
はないのです。

 ただ、個人的には、世の中には稼ごうとして稼げない人が多
いことを考えれば、仮に資産があっても、それを前面に押し出
して生活するのはいかがなものかという気もします。

 また、ユニセフや日赤あたりに多額の寄付をしていれば、そ
の人の社会的な評価が高まったであろうことは想像がつきます

 そういう人間的な魅力があれば、バッシングもだいぶ穏やか
だったろうとは思います。

 さて。

 小生は来年、この「額に汗しない労働」で山ほどあぶく銭を
稼ぎ、どしどし子供たちに寄付してやろうと思います。

 世界中の金持ちがうごめく為替市場。

 知識と勘と腕っ節とを頼りに、がっぽりかすめ取り、次世代
に注ぎ込む。

 痛快ですね。
 大人の遊びは、こうでなくては。

 そんな初夢がみれたら、正夢になるようがんばります。

 どちらさまも、良いお年を。

【今年の確定利益】
+\493390

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN Search Word Ranking 2006
http://pr.mail.yahoo.co.jp/search/


|
|

« 年明けはくりっくで | トップページ | 三本の矢で行きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7629255

この記事へのトラックバック一覧です: 額に汗して働くって:

« 年明けはくりっくで | トップページ | 三本の矢で行きます »