« 待てば海路の日和見なのだ | トップページ | 年明けはくりっくで »

2006年12月15日 (金)

痛恨の一撃

【今週の取引回顧】

USD/JPY 決済 売 100,000 117.40 0 48,680 0 2006/12/13
22:35:14

USD/JPY 決済 売 100,000 117.40 45,000 127,930 0
2006/12/13 22:35:14

 エーデルピルスというビールがありまして。

 サッポロが作っているものです。

 ホップ通常の3倍、というふれこみ。

 10年ほど前に、缶で出ているのを飲んで以来、どこかで飲め
ないかと思っていたのですが、なかなかありません。

 商業ベースに乗らないため、いまや幻に。

 全国20軒程度の、限られた飲食店にしかありません。

 香りがふわりと鼻を抜け、口に含むと口腔粘膜全体に春風の
ようなさわやかさがしみ入ってきます。

 現代主流のビールに比べると、軽いという向きがあるかも知
れません。

 ここのところ、キリンが限定醸造で出している復刻ラガーの明治や、
サッポロラガーあたりと比べると、びっくりするほどのなめらかさ。

 でも、個人的に思うに、このビールは香りが命。

 10年前のことだというのに、脳裏に刷り込まれて離れません。

 仕事でげんなりした後、近くの駅まで歩いていたら、
ずっと捜していたそいつが、ビアホールのショーウインドウにあるじゃないですか。

 給料日前で、サイフの中身が乏しいのも忘れてついふらふら。

 息もつかせず、かけつけ5杯。

 アテもまた、どれもいいお味。

 6杯目はカキのキッシュでいただきます。
 
 フォークの先をはじき飛ばすカキの弾力。
 立ち上る磯の香り。
 舌を焼く極熱のクリーム。
 シイタケのうまみが皿のどこをつついても隠れている。

 きっとシェフは洋食で修行したに違いない。

 ちょっとほおばってはビールで冷やし、ほおばっては冷やし。

 なんか、幸せだなあ。

 と思った一瞬。

 着メロが。

 迷惑メール? それとも仕事? 
 幸福感に水を差された。
 顔をしかめてのぞき込む。

 あろうことか、まさかまさかの約定通知。

 利上げ延期観測とともに、\117.40に引き上げていた売り指
し値が20万ドル分、あっさり刺さってしまっていました。

 \221690。

 為替差益はほとんどありませんが、スワップの威力、まざまざ。

 9月21日に買って放置していた\116.95の弾についたスワップは、
2カ月半ほどで12万円以上。

 たった10万ドル買って寝かせておくだけで、一カ月5万円程
度の副収入ができることになります。

 しかも、それに要する証拠金はせいぜい10万円程度。
 (もちろん、ロスカット食らわない余裕は必要ですが)

 ただ、素直に喜べません。
 納税があるからです。

 為替差益+スワップは雑収入になります。
 ほかの雑収入と併せて年20万円以上ある場合は申告しないと
いけません。

 今年のトータルで行くと、今回の儲けを加えても30万円程度。
 
 まあ、10万円オーバーぐらいなら税務署も見逃してくれるか
も知れないと、よこしまな野望(?)を抱いていました。

 だいたい、FXを始めたばかりの人間が、そう簡単に利益を
出せるなんて思っていなかったんです。

 日々の実労働で稼ぐときの労力やストレス、しんどさを考え
れば、お金がそんな簡単に手に入って良いわけがない。
 入るわけもない。世の中そんなに甘くない。

 だから、小遣い銭ぐらい儲かれば、今年は良いことにしよう。

 そう思っていました。

 ところがどっこい。税金で頭を悩ませるなんて。

 しかも。

 ビールの酔いがまださめやらぬ昨日。

 今度こそはもう、税務署も見逃してくれそうにないドジを、
またもや一発。

 制限速度30キロオーバー、赤きっぷ。ご愁傷様。

 USD/JPY 決済 売 100,000 117.95 200,000 32,800 0

 先日の円暴騰時、\115.95で仕込んだ弾の売り指し値。
+400ぴぴ(\119.95)にしていたつもりが、実は+200ぴぴ(\117.95)に
間違えていたこと、約定通知来るまで気がつきませんでした。

 \232800。

 一週間で合計、+\454410。

 こら、アカン。

 素直に申告して、来年からFXで個人事業、開業することにします。

 増える税金分は、仕方がない。
 自分のあほさ加減の授業料と思っておきます。

 あ、社会保険料も上がるのか。ぐわ~。

 「凜々坊は痛恨の一撃を食らった。死んでしまった!」

 それにしてもやばいなあ。
 税率上がるライン越えそう。
 ユニセフに寄付でもしようかしら。

 「キフを唱えた。凜々坊は復活した!」

 とりあえず、メーンの取引業者、くりっくに移管させることにします。

 「くりっくを拾った。凜々坊の税率が20%になった!」

 しつこいドラクエネタはともかく。
 久々、ノーポジの週末を迎えることになりました。

 年内にもう一度、ポジを取れるようなサプライズがあると良
いのですが、あいにく、いまの金利相場では、どこかで事件が
起きない限り、円が高くなる要素がありません。

 期待は元爆ですが、中国はウンとはいわないでしょうね。

 この週末。

 エーデルピルスでやけ酒、ひそかにたくらんでいます。

【今年の確定利益】
+\493390

--------------------------------------
Start Yahoo! Auction now! Check out the cool campaign
http://pr.mail.yahoo.co.jp/auction/



|
|

« 待てば海路の日和見なのだ | トップページ | 年明けはくりっくで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7629261

この記事へのトラックバック一覧です: 痛恨の一撃:

« 待てば海路の日和見なのだ | トップページ | 年明けはくりっくで »