« ドル安街道驀進中 | トップページ | 待てば海路の日和見なのだ »

2006年12月 1日 (金)

ポン様ユロ様吹っ飛びまくり

 ポンドとユーロ。

 対円で値が飛びまくっています。

 12月のボーナスシーズン。

 ポンドとユーロがらみで投信がいくつも設定されたらしく、
買いが買いを呼ぶ暴騰に。

 ポンドなんか¥228円。
 
 ロンドンの地下鉄は3ポンドですから、一回乗ると684円。

 東京は初乗り160円ですよね。
 大阪は200円。

 いやあ、つくづく日本人でヨカッタ!

 まあ、どれだけぶっ飛んだ値が付いたところで、しょせん相場は
行ってこいが基本です。

 山高ければ谷深し。

 一日で7円も8円も上下動するポンドのこと。

 さ~て、どこまで落ちやがるかなと、いまからひそかにほくそえんでいます。

 実はこのほくそ笑み、夏前からだったりするのですけれど(^^;。

 ただ、当面落ちる要素がないので、ロンドンやパリでテロがない限り、
高値張り付きは当分続くと思っています。

 ドル/日本円を構えていた場合、よくヘッジとして持ち出されるのが
ユーロ/ドルですが、ユーロも\153という、初高値に。

 暴落したとき、ドルが当然値を戻すでしょうから、対円でまた行ってこい、かなと
皮算用をはじいています。

 弾倉、まだまだ持ちますよ~。

 ということでポジ3本、今週も持ち越しです。

 28万円ほどマイナスですが、知ったこっちゃありません。\114まで下がったら、
買い増しを考えます。



|
|

« ドル安街道驀進中 | トップページ | 待てば海路の日和見なのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7769635

この記事へのトラックバック一覧です: ポン様ユロ様吹っ飛びまくり:

« ドル安街道驀進中 | トップページ | 待てば海路の日和見なのだ »