« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

額に汗して働くって

 12月29日。押し詰まってきましたね。

 そろそろ今年の取引もおしまいです。

 越年のポジがありません。気楽です。

 先週、ドジ踏みまくって離隔してしまった件。

 どうにか税金対策もすみました。

 様々なニュースが起きた今年。

 大型経済事件として、村上ファンドやライブドアがクローズ
アップされました。

 事件をどう受け止めるか。

 逮捕者がでるたびに、テレビや新聞が町の声を報じます。

 「残念だなあ」
 「期待してたのに」

 ベンチャーの旗手の転落に、嘆きが止まりませんでした。

 一方で、こんなコメントをする人が必ず一人はいました。

 「やっぱり、額に汗して働かなくっちゃ」

 「しょせん、市場でもうけようってのは、虚業だよ」

 逮捕は天罰だなんて息巻く人までいました。

 そういうコメントを一つは織り込むというのが、日本社会の
価値観の最大公約数をはずすわけにはいかない一般のマスコミ
の限界なのかな、と思わずにはいられませんでした。

 「額に汗して」

 概して日本には、この言葉の好きな人が多いようです。

 しかし、そこにはある種のジェラシーが含まれていることに
、気づいている人も少なくないと思います。

 額に汗して働かないのに、なんでそんなに儲かるんだ。

 言外に「ウラヤマシイ」という本音が漏れてしまっています

 年金は危うくなるわ
 家は35年ローンだわ
 会社まで2時間かかるわ
 サービス残業合法化法案通りそうだわ
 リストラははびこるわ
 家計は苦しくなるばかりだし
 税金も社会保険料もあがるばかり
 預金の利子は相変わらず雀の涙

 そんなストレスを抱えて働いてるオレらにを尻目に、どうし
てこんな若造が金持ちになれるんだ。
 
 逮捕されて、ああせいせいした。
 ザマーミロ。

 溜飲が下がるのは、わからなくもないです。

 でも、それらの問題が解決されたかといえば、そんなことは
ありません。

 モヤモヤのすべてを抱えたまま不安な老後に突入したくなけ
れば、それなりの手を打たねばなりません。

 レバレッジを武器に、大きなリターンをねらうFX。

 あぶく銭とこき下ろされるか。
 それとも投資の一つの方法としてもてはやされるか。

 私は、うまく使えば、これからの生活の、強い盾になってく
れると信じています。

 ただ、最初の一歩を踏み出すのには、やはりそれなりの資金
がいることを、今年一年手がけてみて実感しました。

 ロスカットをさけつつ収益機会をねらうためには、レートの
上下動をある程度吸収できるだけのバックボーンを常に持って
いることが必要になります。

 買うにせよ売るにせよ、年金の不足分を補填したり、生活費
の一方の柱を構築したりしようとするなら、1万2万という単
位での取引ではやや物足りないという方が多いのではないでし
ょうか。

 そうなると、口座の余裕証拠金は、どうしても100万円以上
必要になります。

 しかも、全額失ってもかまわない完全な「捨て金」でないと
いけません。

 生活費をつぎ込むのは御法度。
 まして、借金で用立てるのは正気の沙汰とはいえません。

 となると。

 始めに転がし始める玉は、それなりの実労働でこしらえるこ
とになります。

 FXは確かに丁半勝負で利益を生み出すものですが、それを
可能にするのは、実社会での労働の対価として得た貨幣。

 さらに、国際経済への目配りや、金融政策の勉強も欠かせな
いことを考えると、一概に賭博性をあげつらうのもいかがなも
のかという気がします。

 もちろん、これはFXに限らず、直接金融のすべての商品に
ついていえることでしょう。

 そこで利益を上げるために必要な技術や知識を身につけよう
と思えば、実社会での労働と変わらぬ努力と根性(?)が求め
られます。

 プロのトレーダーやアナリストがどれほどのストレスと猛勉
強に耐えて業務をこなしているか。

 それを思えば。

 「額に汗しない労働」などとさげすむのは、直接金融に対す
る自らの知識のなさを暴露するようなものでしょう。
 
 検挙された人たちは、犯罪を犯したと疑われたから逮捕され
たのであって、金を稼ぎすぎたから司法の網にかかったわけで
はないのです。

 ただ、個人的には、世の中には稼ごうとして稼げない人が多
いことを考えれば、仮に資産があっても、それを前面に押し出
して生活するのはいかがなものかという気もします。

 また、ユニセフや日赤あたりに多額の寄付をしていれば、そ
の人の社会的な評価が高まったであろうことは想像がつきます

 そういう人間的な魅力があれば、バッシングもだいぶ穏やか
だったろうとは思います。

 さて。

 小生は来年、この「額に汗しない労働」で山ほどあぶく銭を
稼ぎ、どしどし子供たちに寄付してやろうと思います。

 世界中の金持ちがうごめく為替市場。

 知識と勘と腕っ節とを頼りに、がっぽりかすめ取り、次世代
に注ぎ込む。

 痛快ですね。
 大人の遊びは、こうでなくては。

 そんな初夢がみれたら、正夢になるようがんばります。

 どちらさまも、良いお年を。

【今年の確定利益】
+\493390

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN Search Word Ranking 2006
http://pr.mail.yahoo.co.jp/search/


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月20日 (水)

年明けはくりっくで

 年明けからは「くりっく365」メーンに頑張るぞ!

 そう意気込んで、少し資金を三貴商事に入れてみました。

 これで、マネパ、セン短、三貴の三本の剣がそろったことに
なります。

 マネパ→手数料無料・スワポまあまあ・ポジ決済なしでスワ
ップ証拠金反映(つまり、スワップで新ポジ立てられる)

 セン短→手数料有り・スワポ最高水準:スワポ毎日証拠金反

 上記2社は、それぞれ良いところがあるのですが、あいにく
税金という観点からはくりっくにひけを取ります。

 総合課税になってしまうもので。

 くりっくはその点、どれだけ稼いでも20%。

 来年以降、マジでそれなりの稼ぎをたたき出そうと思うので
、そうなるとやはり、くりっくにしておいた方があとあと面倒
くさくなくていいかと。

 ただ、以下の点はホント、どうにかしてほしいです。

 ・ポジ指定決済ができない
 ・土日の発注ができない
 ・指し値に値幅制限がある
 ・両建てができない

 ポジ指定決済ができないと言うことは、スワップ用に作って
おいたポジが、スイングトレードで消されてしまうと言うこと
です。

 三貴のシステムが改善されたようですが、上記の4点につい
てはまだ修正されていません。

 というより、市場のメーンコンピューターが対応していない
のでしょうね。

 くりっくを使い倒しているトレーダーの方々のブログを回っ
て、年末は勉強したいと思います。

 よほどの円高に触れない限り、もう年内は売買しません。

 FXという面白い知的ゲーム。
 これに出会えたことが、今年、特筆すべき収穫でした。

 これさえマスターすれば、年金破綻も、介護保険料も、定率
減税廃止も、教育費も、飲み代も、全然怖くない!

 何で学校で一般教養として教えないのでしょう(^^;。

 怖いのは、税金だけだ!
 どないしよう。

【今年の確定利益】
+\493390

--------------------------------------
Get the new Internet Explorer 7 optimized for Yahoo! JAPAN
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ie/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月15日 (金)

痛恨の一撃

【今週の取引回顧】

USD/JPY 決済 売 100,000 117.40 0 48,680 0 2006/12/13
22:35:14

USD/JPY 決済 売 100,000 117.40 45,000 127,930 0
2006/12/13 22:35:14

 エーデルピルスというビールがありまして。

 サッポロが作っているものです。

 ホップ通常の3倍、というふれこみ。

 10年ほど前に、缶で出ているのを飲んで以来、どこかで飲め
ないかと思っていたのですが、なかなかありません。

 商業ベースに乗らないため、いまや幻に。

 全国20軒程度の、限られた飲食店にしかありません。

 香りがふわりと鼻を抜け、口に含むと口腔粘膜全体に春風の
ようなさわやかさがしみ入ってきます。

 現代主流のビールに比べると、軽いという向きがあるかも知
れません。

 ここのところ、キリンが限定醸造で出している復刻ラガーの明治や、
サッポロラガーあたりと比べると、びっくりするほどのなめらかさ。

 でも、個人的に思うに、このビールは香りが命。

 10年前のことだというのに、脳裏に刷り込まれて離れません。

 仕事でげんなりした後、近くの駅まで歩いていたら、
ずっと捜していたそいつが、ビアホールのショーウインドウにあるじゃないですか。

 給料日前で、サイフの中身が乏しいのも忘れてついふらふら。

 息もつかせず、かけつけ5杯。

 アテもまた、どれもいいお味。

 6杯目はカキのキッシュでいただきます。
 
 フォークの先をはじき飛ばすカキの弾力。
 立ち上る磯の香り。
 舌を焼く極熱のクリーム。
 シイタケのうまみが皿のどこをつついても隠れている。

 きっとシェフは洋食で修行したに違いない。

 ちょっとほおばってはビールで冷やし、ほおばっては冷やし。

 なんか、幸せだなあ。

 と思った一瞬。

 着メロが。

 迷惑メール? それとも仕事? 
 幸福感に水を差された。
 顔をしかめてのぞき込む。

 あろうことか、まさかまさかの約定通知。

 利上げ延期観測とともに、\117.40に引き上げていた売り指
し値が20万ドル分、あっさり刺さってしまっていました。

 \221690。

 為替差益はほとんどありませんが、スワップの威力、まざまざ。

 9月21日に買って放置していた\116.95の弾についたスワップは、
2カ月半ほどで12万円以上。

 たった10万ドル買って寝かせておくだけで、一カ月5万円程
度の副収入ができることになります。

 しかも、それに要する証拠金はせいぜい10万円程度。
 (もちろん、ロスカット食らわない余裕は必要ですが)

 ただ、素直に喜べません。
 納税があるからです。

 為替差益+スワップは雑収入になります。
 ほかの雑収入と併せて年20万円以上ある場合は申告しないと
いけません。

 今年のトータルで行くと、今回の儲けを加えても30万円程度。
 
 まあ、10万円オーバーぐらいなら税務署も見逃してくれるか
も知れないと、よこしまな野望(?)を抱いていました。

 だいたい、FXを始めたばかりの人間が、そう簡単に利益を
出せるなんて思っていなかったんです。

 日々の実労働で稼ぐときの労力やストレス、しんどさを考え
れば、お金がそんな簡単に手に入って良いわけがない。
 入るわけもない。世の中そんなに甘くない。

 だから、小遣い銭ぐらい儲かれば、今年は良いことにしよう。

 そう思っていました。

 ところがどっこい。税金で頭を悩ませるなんて。

 しかも。

 ビールの酔いがまださめやらぬ昨日。

 今度こそはもう、税務署も見逃してくれそうにないドジを、
またもや一発。

 制限速度30キロオーバー、赤きっぷ。ご愁傷様。

 USD/JPY 決済 売 100,000 117.95 200,000 32,800 0

 先日の円暴騰時、\115.95で仕込んだ弾の売り指し値。
+400ぴぴ(\119.95)にしていたつもりが、実は+200ぴぴ(\117.95)に
間違えていたこと、約定通知来るまで気がつきませんでした。

 \232800。

 一週間で合計、+\454410。

 こら、アカン。

 素直に申告して、来年からFXで個人事業、開業することにします。

 増える税金分は、仕方がない。
 自分のあほさ加減の授業料と思っておきます。

 あ、社会保険料も上がるのか。ぐわ~。

 「凜々坊は痛恨の一撃を食らった。死んでしまった!」

 それにしてもやばいなあ。
 税率上がるライン越えそう。
 ユニセフに寄付でもしようかしら。

 「キフを唱えた。凜々坊は復活した!」

 とりあえず、メーンの取引業者、くりっくに移管させることにします。

 「くりっくを拾った。凜々坊の税率が20%になった!」

 しつこいドラクエネタはともかく。
 久々、ノーポジの週末を迎えることになりました。

 年内にもう一度、ポジを取れるようなサプライズがあると良
いのですが、あいにく、いまの金利相場では、どこかで事件が
起きない限り、円が高くなる要素がありません。

 期待は元爆ですが、中国はウンとはいわないでしょうね。

 この週末。

 エーデルピルスでやけ酒、ひそかにたくらんでいます。

【今年の確定利益】
+\493390

--------------------------------------
Start Yahoo! Auction now! Check out the cool campaign
http://pr.mail.yahoo.co.jp/auction/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月11日 (月)

待てば海路の日和見なのだ

 しばらく為替、見ていられないほど仕事が忙しかったので、
必然的に放置プレーが続きました。

 きょう、久々に口座を見てみたら、おやおや、ドルが\117台
に復帰しているじゃないですか。

 先週の金曜日に時事がなにやら、利上げは来月以降という観
測を流したようですね。

 前回の書き込みでは、\116.50で全部売り飛ばしてしまうと
いうような弱気なところで終わっていました。
 
 でも、日本男児がそんなことでどうする。もっとガンガン稼
ぎに行くんだ!と、(酔いに任せて)\117.40で2本(20万ド
ル)売り飛ばすように、指し値を変えてありました。

 ふっふっふ。(冷や汗たらたら)

 \117滞留も一瞬かと思いきや、\117.10に散見されていたス
トップロスのポジションを巻き込み、いま\117台をなおキープ

 ユーロも最高値更新、ポンドも\228台回帰と、円独歩安。

 見込み通り、円がたたき売られています。

 それにしても。

 数日前は-\40万近かったのに、ほんの一週間たつかたたな
いかで今度はプラス¥10万。

 これを投機性が高いと見るか、相場とはそんなもんだと思う
か。

 ドタンバタン取引をする戦略ではないので、待てるだけ待つ
のが唯一の対抗策なのですが、ドルなればこそ、上がったり下
がったりという波が見込めます。

 でも、これがポンドだったら?
 南アフリカランドだったら?

 それこそPCをにらみつけて、夜も眠れません。

 今週は、年末に向けたポジ整理を視野に、上の2本が指し値
にタッチすることを祈ってまたもや、放置プレー続行すること
にします。

 次の買い出動は、\114。

 そこまで動きません。

【保有ポジ】
USD/JPN \116.95 10万 ロング limit \117.40
USD/JPN \117.40 10万 ロング limit \117.40
USD/JPN \115.95 10万 ロング limit \119.95
    
【一日のスワップ】
\4740

【今年の確定損益】
+\38980

--------------------------------------
Start Yahoo! Auction now! Check out the cool campaign
http://pr.mail.yahoo.co.jp/auction/



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 1日 (金)

ポン様ユロ様吹っ飛びまくり

 ポンドとユーロ。

 対円で値が飛びまくっています。

 12月のボーナスシーズン。

 ポンドとユーロがらみで投信がいくつも設定されたらしく、
買いが買いを呼ぶ暴騰に。

 ポンドなんか¥228円。
 
 ロンドンの地下鉄は3ポンドですから、一回乗ると684円。

 東京は初乗り160円ですよね。
 大阪は200円。

 いやあ、つくづく日本人でヨカッタ!

 まあ、どれだけぶっ飛んだ値が付いたところで、しょせん相場は
行ってこいが基本です。

 山高ければ谷深し。

 一日で7円も8円も上下動するポンドのこと。

 さ~て、どこまで落ちやがるかなと、いまからひそかにほくそえんでいます。

 実はこのほくそ笑み、夏前からだったりするのですけれど(^^;。

 ただ、当面落ちる要素がないので、ロンドンやパリでテロがない限り、
高値張り付きは当分続くと思っています。

 ドル/日本円を構えていた場合、よくヘッジとして持ち出されるのが
ユーロ/ドルですが、ユーロも\153という、初高値に。

 暴落したとき、ドルが当然値を戻すでしょうから、対円でまた行ってこい、かなと
皮算用をはじいています。

 弾倉、まだまだ持ちますよ~。

 ということでポジ3本、今週も持ち越しです。

 28万円ほどマイナスですが、知ったこっちゃありません。\114まで下がったら、
買い増しを考えます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »