« AUDでちょっとだけ勝負 | トップページ | G7は予想通りでしたが »

2006年9月14日 (木)

パチ中毒ちFX中毒との差

 次の項目のウチ、半分以上当てはまるとパチ中毒なんだそうです。

・パチンコが活動の中心になる(前のゲーム・次の計画、資金繰りで頭が占められる)
・興奮するために大金を使う。
・パチンコをやめるとイライラする。
・トラブル逃避や、うさ晴らしにパチンコをする。
・負けたら次の日、取り返しに行く。
・パチンコのため家族や他人にウソをつく。
・パチンコ資金のため使い込み・盗み(家族のお金でも)などする。
・パチンコのせいで友人・仕事・教育や就職の機会を危うく、または無駄にした。
・借金のために他人に泣きついた。
・パチンコの回数を減らそうと何度も繰り返すが失敗する。

 あいにく、私凜々坊はパチンコもパチスロもやりません。

 というより、世の中の何事にも、熱中はするけど熱狂しないようにしているので、ドブに金放り込むに等しいパチンコなんぞ、クソクラエと思っています。

 子連れでパチに来て、子どもを死なせる事件なんかありますが、もう本当に、どこでもドアがあったらその親、首が360度回るくらい、ぶっ飛ばしに行きたいです。

 アメリカで、マクド食い過ぎて太ったのはマクドが悪い、と言って訴訟が起きたそうですが、もちろん原告敗訴。

 パチにしても、飛んで火に入る夏の虫、というだけのことです。

 一回で10万20万勝つこともある、と魅力を喜ぶ人はいますが、FXやってるとそれっぽっちの金、寝てても手に入ります(もちろん、損もします)。

 ホンナラ、FXはギャンブルなのか? パチと同じなのか?

 私の考えは「イエス、バット」です。

 上がるか下がるかの丁半バクチ。しかも、プロのおこぼれをかすめて食っているのが私ら零細トレーダー。

 立場的には、はまってしまえばパチ中毒と変わりません。上の検査項目の「パチンコ」を「FX」に置き換えて、半分以上当てはまるようだと、ヤバイということになるんでしょう。

 しょせん、金を右から左へ動かして、数字だけ増えればよし、という代物です。
 実労働で稼ぐ金の重みなど、ありゃしません。あぶく銭です。

 しかし、完全な賭博かというと、ちょっと待って、ととまどう自分がどこかにいます。

 スワップにしても、為替差益にしても、リスクに応じたリターンをねらうという点では、銀行の普通預金だって同じコト。

 いえ、ことによると、自分の時間を企業なり仕事なりに切り売りすることだって、収入を得るためのリスクとすら考えることができるのではないでしょうか。

 そうとらえれば、投資に応じたリターンがどれだけあるのかという点でだけ、パチとFXとを比較するのが適当と言えます。

 どう考えても、FXの方がもうかると思うんですけどねえ・・・。
 だって、指し値して会社に行っちゃえば、あとはPCが勝手にやってくれるますし。

 パチ台の前にずっといなくてもいいわけでしょう。
 大負けしないことだけ考えれば、そこそこコンスタントに利益出せますし。

 ただ、脳内刺激物質を求める向きには、確かにちょっと、向かないかも。
 どうしてもっていうことなら、FXでPCいじるときに、軍艦マーチでもかけておいたらちょっとは興奮するかも知れません。

 パチ中毒でついに離婚沙汰になった同僚の話を聞いたので、ちょっと脱線してしまいました。

 さて、朝方買ったAUD。今の段階ではちょびっとだけ(2万円ほど)利益出てます。

 でもきょうは、スワップ4倍デー。我慢我慢。

【現有ポジ】
AUD/JPN \88.30×10万 ロング

【今年の通算損益】
-¥13万


FXトレイダーズ為替サイトランキング


|
|

« AUDでちょっとだけ勝負 | トップページ | G7は予想通りでしたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7659879

この記事へのトラックバック一覧です: パチ中毒ちFX中毒との差:

« AUDでちょっとだけ勝負 | トップページ | G7は予想通りでしたが »