« 上げたら買わない | トップページ | 殺人通貨テポンド »

2006年8月16日 (水)

思い切りの悪さ

 ¥219.75。

 16日16:30。久々にGBPをのぞくと、買いごろかと思えるところまで落ちてきていました。

 チャートで確認すると、\219.65~\220.10のレンジ相場。

 買うか、買わざるか。しかもきょうはスワポ3倍デー。

 \219.50で指し値。でもふと、イヤ~な予感が。

 きょうは確か、BOEの議事録発表の日。前回の利上げサプライズの内容が発表されます。

 「もしも、利下げ派が半数に近かったら・・・」

 どどん、と下げかねません。

 最後の「注文確定」ボタンをどうしても押せませんでした。

 「いいや、休むも相場っていうし」

 確信が持てないときには潔く諦める。日銭が入ってくるリーマントレーダーの強みです。

 でも、日付が変わって「さてどうなっているか」と見れば・・・

 いったん\219.39まで下げた後、\220.10まで反発してるではありませんか。

 つくづく、このあたり、意志薄弱。自己嫌悪です。

 3倍スワップ、\8100と為替差益がフイになってしまいました。

 潔く諦めてなんか、全然いないじゃないか・・・。まったく。



|
|

« 上げたら買わない | トップページ | 殺人通貨テポンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7649911

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切りの悪さ:

« 上げたら買わない | トップページ | 殺人通貨テポンド »