« キャンペーン花盛り | トップページ | 税金と度胸 »

2006年8月 1日 (火)

円高月とはいうものの

 きょうから8月。暑いですね。

 8月は「円高月」と、よくいいます。
 
 毎年の円高、円安周期を見ると、8月に円高がやってくるパターンが圧倒的に多いそうです。

 経済指標や国際政治といった、いわば硬派な材料に左右されるのが為替というイメージがあります。でも、こうした道ばたの占いに等しい、明日の天気を下駄飛ばして予測するような、そんな曖昧なレベルの観測でも、相場の材料になってしまうというのが面白いと思っています。

 日本の相対的な低金利状態はしばらく続くでしょう。

 そうなると、やはりここは、ポジションとしてはロング回転をイメージするのが正しいといえます。

 問題は、いつ「買い時」まで円高が進むか。

 ニューヨークやロンドン、ウェリントンでテロでも起きない限り、そうむちゃに円高が進むとは考えにくいので、どの時点で買いを入れるか、あらかじめ考えておかなくてはいけません。

 取引を始めた頃のこと。こんな初歩的なことすらわからず、ほとんどカンだよりで売り買いしていました。

 ビギナーズラックもありましたが、勝ち負けで言うと圧倒的に負けがこみました。

 取引をする前に、指し値とストップロス、利益確定の数値を鉛筆で書き出すだけでも良いのです。

 それだけでも、心構えが全然違ってきますね。
 画面の数字を追いかけていると、どうかすると自分で決めたつもりの指し値を、その場の雰囲気で変えてしまうようなことをしてしまいますから。

 戦略(ストラテジー)は、やはり字にしてこそ、実感がわくというもの。
 早く長期的なポジがもてますように。

 祈る毎日です。

 懐が寂しかったので、ただ酒が飲めるウェブがないか調べていて、サントリーのHPで遊んじゃいました。

 個人的にはプレミアムモルツよりもエビス、エビスよりもエーデルピルスが好きなのですが。
 サントリーさんゴメンナサイ。
 私はビールはサッポロ党なんです(^^;。

|
|

« キャンペーン花盛り | トップページ | 税金と度胸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7548300

この記事へのトラックバック一覧です: 円高月とはいうものの:

« キャンペーン花盛り | トップページ | 税金と度胸 »