« ポジりたい病 | トップページ | 撃ったけど売れず »

2006年7月 3日 (月)

さよならナカタ こんにちわ円高

 中田英寿のサヨナラブログを読みました。

 残念ながら、自己陶酔に満ち満ちていて、途中で投げ出したくなってきました。

 彼は最初、既存のマスメディアの取材も受けていたのですが、意図がそのまま伝わらないため、ファンと直接対話できるパブリシティを指向したとのことです。

 気持ちはよく分かります。マスメディアが自分の伝えたいことと違うことを伝えるという悲しさ。人の手を介して発信する情報は、得てして自分の思いとはかけ離れたものになりがちです。

 ただ、主観が売りのブログとはいえ、冷静さを常に漂わせていないと、2chと同じ、鼻持ちならない傲慢さが、自分ではそれと気づかずに漂う危険性があることに、注意を払う必要があります。

 努力してつかんだサッカーのヒーローの座。

 暴君ハバネロを押し出して大ヒットさせたビジネスマンとしてのカンの冴え。

 今度はぜひ文筆家として世に出てくれることを期待したいと思います。

 本音を言えば、自分の人生を旅路になぞらえて不特定多数の人間に読ませるなんて歯の浮くようなマネ、石原慎太郎あたりで終わったと思ったんですがね。

 彼は意外と、アナクロな人間なのかも知れません。

 さてさて、日銀砲が14日に炸裂しそうな予感です。

 一面うれしいですが、スワップにどれだけの影響が出るかわからないため、不安でもあります。
 さて、どうなりますことやら。

 外為どっとこむが、口座を開いて200万円入れるだけで11000円くれるという、よく分からないキャンペーンを始めたので早速開設申し込みしてみました。
 手数料が別建てでかかるところは基本的に使わない予定なので、もちろん、200万円入れたという記録だけ先方のコンピューターに残し、11000円ともども全額出金するつもりです。

 せこい? それはそうでしょうが、いまどき、ただで11000円くれるという企業があったら教えて頂きたいものです。
 私と、妻とで2口座開ければ22000円。

 ちょっとしたおこづかいになってしまいます。

 FXは一攫千金をねらうものではなく、あくまで生活防衛のための手段というのが、私の認識です。
 実際の取引で稼がずとも、それ以外のところで収入がもらえれば、リスクはゼロなのですから、こんなうれしいことはないじゃありませんか。

 それにしても外為どっとこむ、大丈夫かなあ。こんな大盤振る舞いして。

 この会社のパブリシティの方針が、「後は野となれ山となれ」ではないことを祈って。

|
|

« ポジりたい病 | トップページ | 撃ったけど売れず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448616/7547851

この記事へのトラックバック一覧です: さよならナカタ こんにちわ円高:

« ポジりたい病 | トップページ | 撃ったけど売れず »