« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月28日 (金)

キャンペーン花盛り

 おっとっと。ちょっとぼさっとしているうちに、マネパのキャンペーン期限が
来てしまいました。

 こういうとき、口座に即入金できるシステムがあるのは強いですね。

 しかもドル円スプレッド4。

 とりあえず1万売って、すぐ買って。

 チャートが見づらいなあ。売買画面も小さいなあ。
 ここのところだけ、FXCMJを見習って欲しいなあ。

 マネしたっていいじゃない。真似パートナーズってことで。
 猛暑の折、エアコン節約のため、つまらないだじゃれを連発しております。

 いちおう、ポジさらすのもこのブログの役目の一つなので、書きます。

【マネパ】
USD/JPN 1万 114.80S 114.82決済 -200円

【外為ドットコム】
USD/JPN 1万 115.82L 115.67決済 -3700円(手数料500円こみ)

 これで、キャンペーンのもうけは

マネパ=温泉+楽天ポイント5500円分

外為=11000円+紹介ポイント10000円分

 おいしいバイトでございますなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月25日 (火)

弾丸装塡

 新規口座開設したマネパに、きょうやっとある程度の弾丸を積み込みました。

 一日の出金額にワクをはめられちゃって、面倒くさいことこのうえありません。

 振り込めサギの防止なのでしょうが、よけいなところへ波紋が広がっています。

 NZDが65円をつけるまで、ちょこちょこほかの通貨で肝試しと行きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月19日 (水)

ユーロポンド

 バカナンキあいやバーナンキが発言するといつもドルがぽかぽか上下します。
 
 本日は、8月利上げに暗雲ぶくみの一言でドル急落。
 あっという間に116円台にお帰りなさい。

 そうなると、利上げ継続観測のポンドが大もてするわけで、215円台突入。
 
 けど・・・じゃあ、ユーロはどうなるわけ?

 ユーロ円は確かにユーロ高に触れました。

 でも、対ポンドはそれほど高くなっていませんね。ポンドが強すぎるんでしょう。

 これ、対スイスフランでも同じコトが言えます。1ポンド2.3フラン抜け。

 ユーロ買ってポンド売ろうかな・・・でもスワップ払うのは基本的にイヤだし・・・。
 おまけにきょうは3倍デーだし・・・。

 テンテンテン、が続くきょうこのごろです。
 じっとじっと、我慢の子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月18日 (火)

様子見

 為替のいいところは、ライブドアのときみたいに、投資先の国がつぶれるということをほとんど考慮しなくてもすむという点。

 でも、投資先が実際に事件を起こそうが起こすまいが、うわさや発言で価格が左右されてしまう諸刃の剣でもあります。

 いくら国際政治に明るくても、国際経済のエキスパートであったとしても、戦争やテロがどこでいつ起きるか分かっているのは、当事者たちだけ。

 そう考えると、コトを起こす直前に、当事者が為替に一山はって大もうけすることも可能といえます。

 これって、究極のインサイダー? 

 もちろん、私たちちっぽけトレーダーは指をくわえて見ているしかできないのですけれど。

 さて、ここ10日、ポジを持っていません。
 そして連休明け。

 ドル爆騰。3カ月ぶりの117円に。ポンドも213円台にはりついたまま。

 これはいけません。リアルマネーでの取引は、またしばらくお休みになりそうな感じです。

 GBP/CHFのチャートの勉強を始めています。スワップも高いし、それなりに期待できそうだからです。手がけている人も多いとは思いますが、私にとっては、円やドルといった、なじみのある通貨ではないため、レンジは把握できても決定的な取引材料に不安があるのです。

 決め手をご承知の方がいらっしゃったら教えて頂ければ幸いです。

 メイン口座をマネーパートナーズに乗り換え中です。

 手数料無料
 信託完備
 スワップだけ出金可能
 画面もそこそこ使いやすい

 デメリットはスワップ額が低いことくらいでしょうか。
 ほんの数日前まではセン短に興味を持っていたのですが、手数料がかかる時点でリストからはずれました。

 ここのところ、各FX会社がこぞって新規口座獲得に乗り出しています。
 たいてい、おまけつきのキャンペーンをやっているので、それを渡り歩くだけでも結構な稼ぎになります。

 なにせ、口座に金を入れるだけで、カニだの温泉旅行だのうどんだの、はたまた現金だのくれるのですから、使わない手はありません。

 一方、クレジットカードを何枚も作るようなもので、個人情報がだだ漏れになる危険性はあります。ですが、住民コードで背番号を割り振られ、盗聴法でメールも電話も監視され、国のいいようにプライバシーをのぞかれまくっている私らの生活を考えれば、いまさらなにを・・・という気もします。
 
 いけない、政治にはタッチしないことにしてたんだっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月12日 (水)

212円台復帰

 あおう、ひでぶ、GBP/JPN 212円台復帰!

 ヒトの大事な210円のロスカットけっ飛ばして、それならもっと下がるかと思いきや、またもや元のレンジへ舞い戻り。

 どうも今週はいけません。だれか裏で操作してるんじゃないか、腹立つなあ。もう。

 さて、本格的にスワップで食っていく算段を始めました。

 一日2万円稼ぐ! としたところで、果たして一体、いくらスワップがあればいいのか。

 USD 130円/d
 GBP 250円/d
 NZD 130円/d
 AUD 115円/d
 EUR  95円/d

 それぞれ一万単位ごとのスワップです。

 金額だけで見るとイギリスポンドが一番良いのですが、1GBP=212円のため、買えるポンドの量は少なくなってしまいます。

 逆に、NZDやAUDは、68円、85円と、安いために買える量が大きくなります。

 仮にタネ銭2000万円あったとします。

 USD(113円) 176991ドル
 GBP(212円) 94339ポンド
 NZD(68円)  294117ニュージーランドドル
 AUD(85円)  235294オーストラリアドル
 EUR(145円) 137391ユーロ

 ニアイコールで、このくらいの量買えます。

 一日あたりのスワップはそれぞれ

 USD 2300円
 GBP 2358円
 NZD 3823円
 AUD 2705円
 EUR 1277円

 となります。オセアニア通貨はやはり強いですね。

 スワップねらいでやるなら1にスワップの額、2にボラティリティーがあまりないこと。

 その点、NZDもAUDも比較的値動きのない通貨ですから、うってつけですね。

 問題は、いくらの段階で買うか、ということです。

 NZDはこれまでの最安値が47円というのがあります。
 現時点からもまだ20円近く値が下がる可能性があるということです。

 AUDも2000年10月に55円をつけたことがあります。現在から-30円近く。

 このデータがあるだけに、まだまだ、いまの段階ではうかつに仕込めません。

 一日2万のスワップを稼ぐためにはNZDで145万、AUD130万程度の買いを持つ必要があります。
 つまり、±1円の変動で、NZDで145万円、AUDで130万円の損益が出ることになります。

 最安値まで行くとすると、なおそれぞれ3000万円~4000万円の損を、覚悟しておかないといけません。

 いくらスワップが高くても、3000万円の損を一日2万円で埋めるためには1500日、4年半はかかることになります。

 損きりをしないとすると、その間、資金は塩漬けにしておかなければならなくなります。
 また、マージンカット食らうと損が確定してしまうので、もしもポジションを維持しようと思えば、追証1千万円前後が必要になります。

 結局、いまロングをもっても、口座に6000万円ほどなければ、安心して一日2万円のスワップ生活は送れないことになります。

 ですから、私はNZDなら50円台になるまで、AUDも70円台になるまでは、欲目を出さない方が良いと、いまは思っています。

 ただ、その段階になると、日本との金利差がある程度縮まっていることが円高の背景にあるでしょうから、スワップが思うように取れるかどうか、不透明です。

 一番簡単なのは、一種類の通貨に絞って資金を投下し、一回だけ買ってひたすら寝かし、スワップだけ引きだし続けることなのですが、現実には、複数の通貨に分散投資しないと、金利面でのうまみを味わえないようです。

 クロス円だけでなく、外貨同士の取引も勉強しなくてはいけないということなのでしょう。

 さらに、襲いかかる問題があります。

 業者の信頼性と税金です。それはまた、日を改めて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月10日 (月)

ロスカット発生

GBP/JPY 10K 7/7/06 5:37 PM 211.10 LE
7/10/06 1:24 PM 210.10 -10,000 0 252 0 -9,748 S
GBP/JPY 10K 7/7/06 5:38 PM 211.05 LE
7/10/06 4:06 PM 210.00 -10,500 0 252 0 -10,248 S
GBP/JPY 10K 7/7/06 7:14 PM 211.00 LE
7/10/06 4:06 PM 210.00 -10,000 0 252 0 -9,748 S

合計 -30,500 0 756 0 -29,744

 
 アイター。やられてしまいました。先週末刺さった3本、いずれもロスカット。
 久々の万単位損つけてしまいました。

 ブルーです。

 やはり、週をまたいでポジを持つのはリスキーだということですね。

 もちろん、口開けにロスカット喰らったわけではありませんが、日銀砲に伴う利上げの可能性がすでににおわされている以上、ロング玉を抱えているのはちょっと無謀だったかも知れません。

 しかし、たかが0.25%の利上げで、ほかの各国のそれと比べればまだはるかに低く、基礎的財政収支の悪化を招きかねない急速な利上げには踏み切らないということを日銀自身がほとんど口に出しているような状態なのに、どうして円高に触れるのでしょう。

 為替を生業にしている人間は、洋の東西を問わず、なにか事件にかこつけてレートを動かし違っていると言うことなんでしょうか。

 一日、トレーディングルームに閉じこもって、カネと数字のやりとりばかりしていると、そういうことでストレス発散しようとしているのかと、勘ぐりたくもなってきます。

 おまけに、案の定というか、ロスカットつけたあとでじわじわ値を元に戻しつつあります。

 これがうわさに聞く「ロスカット狩り」というやつなんでしょうか。

 金曜日まで、ちょっとお休みして、市場の様子とにらめっこしていた方が良さそうです。

【現在の損益】
-17万400円

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 7日 (金)

掟破りだけど

GBP/JPY 10K 7/4/06 10:43 211.00L 10:43 PM SS 210.00 211.70 210.96
GBP/JPY 10K 7/4/06 10:44 211.05L 10:44 PM SS 210.05 211.75 210.96
GBP/JPY 10K 7/4/06 10:44 211.10L 10:44 PM SS 210.10 211.80 210.96

 以上の3本、きょう少し円高に触れたおかげで刺さりました。

 本来、自分に課しているルールでは、週をまたいでの持ち越しは御法度。週明けのオセアニアで乱高下を食わされてストップロスを付けてしまう可能性が高い、ということを頭に置いています。
 
 ですが、未経験のことですので、失敗覚悟で一度やってみて、どの程度危険性があるのか、試してみたいと思います。

 現状すでに210.96で若干のマイナス。
 これが来週どうでますことやら。

 できれば212円台まで育てたいと思っているのですが、サプライズがあると困りますね。
 日銀の政策決定会合もあることですし、裏目に出るかも知れません。

 ちょっとどきどきする週末になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 6日 (木)

ちょっとだけよ

GBP/JPY 20K
7/4/06 3:51 PM 211.10 LE
7/4/06 6:54 PM 211.45 7,000

 NY市場が独立記念日で休み。

 動きがほとんどない中、お試しでポジって見ました。

 銭湯に行って帰ってきたら、7000円取れてました。
 ちょっとうれしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 5日 (水)

撃ったけど売れず

 北朝鮮がまたミサイル撃ちました。

 まったく、困った国ですね。
 ベストセラー「自分以外は全部バカ」に書かれているキャラクターを想像すると理解しやすいかも。

 1:自分以外は全部バカ、オレが一番頭いい
   (主体思想と金正日個人崇拝)

 2:自分の意志が通らなければ相手はバカ、攻撃していい
   (カネよこさないとミサイル撃っちゃうぞ、どーん)

 3:人の意見なんかバカバカしくて聞いてられない
   (6者協議なんて知ったことか)

 4:自分の弱点はないことにする
   (拉致?そんなこともあったねえ。解決済みだよ)

 5:他人から自分の実力を正確に指摘されることを極端にいやがる
   (テポドン本当は張り子の虎・・・なんだけど)

 これを個人の精神状態に当てはめると明らかに精神病院行きの人格障害なんでしょうが、相手が主権国家だけに無理やり地図からひっぺがえして消すわけにはいかない。

 よく考えてみれば、本当に日本の領土にミサイルを当ててしまうと、金正日がコワイコワイ米軍が動き出すか、9条取っ払って堂々と自分の国に攻め入る日本軍ができてしまうわけですから、所詮オオカミ少年に過ぎないとはわかるんですがね。

 いま、世界の中で正気を失ったら一番怖い国、それは・・・日本でしょうから。

 カネ持ってる
 教育水準高い(内実はともかくだけど)
 科学技術のレベル高い。核兵器なんかすぐ作れる
 人口多い(これ一番大事)
 攻撃型戦力ないけどすぐ作れる(空母ミサイルどしどし作るか買うか)
 いやだいやだといいつつ現実に流される国民性。戦争始まったらみんなやる気になる
 60年前の敗戦の事実をどうにかして消したくてうずうずしている人間が多い
 そのせいかアジア蔑視の意識が根深く残る

 まあ、いざやる気になると、アメリカが黙っちゃいないでしょうから、実際にはできないんでしょうけどね。
 駐日米軍は中国ににらみをきかす以前に、日本が標的だという説、前からありますもんね。
 山ほど買ってやっている米国債。嫌がらせで売り飛ばしてしまえばいいのにと思うのは、私だけでしょうか。

 でも、実際にドンパチやる戦争は人命も物資も無駄が多くていけません。
 大人のケンカは頭を使ってするもの。
 殺し合いをせずとも、主権国家を倒せれば良いわけです。

 日本が世界に誇る武器といえば、そう、アニメとAV。これが合体すれば無敵。

 金正日は日本のAVがことのほかお好きなようですから、観音様大開きのハードコアを贈り物としてあの、なんだ、新潟に来る何とか言う北朝鮮の船に詰め込んで、お届けさしあげる。戦時賠償が欲しければ、AVで払うといってやる。

 脳細胞の隅々までエロで充たしてやれば、男なんて戦争のセの字もいいだすもんじゃない。
 女抱くときに殺しを考えているのはゴルゴ13だけ。

 ついでに朝鮮人民軍にも、にっくき日本からの賠償だと言って、AVを届けてやる。いらないと言っても送る。送られれば必ず見る。将校が見れば兵隊も見る。
 さらに、NHK-BSexという放送局を作り、北朝鮮のラジオもテレビも、それ以外の電波が受信できないくらい強力なヤツを24時間365日ぶっ続けで流す。

 当然、映像の中にはサブリミナルをかませておく。

 後は自壊を待つ。

 さらに効果的な打倒方法を、考え中です。

 困ったと言えば、FXに与える影響も甚大。

 円安に触れたのはもちろんのこと、日銀砲の威力が減殺されてしまいかねません。
 東アジアの地政学的リスクが高まれば、結局は円安を勢いづかせるだけのことですから。

 いつものようにGBP/JPNを211.00~211.20まで、5銭刻みで一枚ずつロング指し値しておいたのですが、全然刺さる気配なしです。

 現在211.70あたりをうろうろ。一枚ロングして、212.30あたりでドテンショートするか、考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 3日 (月)

さよならナカタ こんにちわ円高

 中田英寿のサヨナラブログを読みました。

 残念ながら、自己陶酔に満ち満ちていて、途中で投げ出したくなってきました。

 彼は最初、既存のマスメディアの取材も受けていたのですが、意図がそのまま伝わらないため、ファンと直接対話できるパブリシティを指向したとのことです。

 気持ちはよく分かります。マスメディアが自分の伝えたいことと違うことを伝えるという悲しさ。人の手を介して発信する情報は、得てして自分の思いとはかけ離れたものになりがちです。

 ただ、主観が売りのブログとはいえ、冷静さを常に漂わせていないと、2chと同じ、鼻持ちならない傲慢さが、自分ではそれと気づかずに漂う危険性があることに、注意を払う必要があります。

 努力してつかんだサッカーのヒーローの座。

 暴君ハバネロを押し出して大ヒットさせたビジネスマンとしてのカンの冴え。

 今度はぜひ文筆家として世に出てくれることを期待したいと思います。

 本音を言えば、自分の人生を旅路になぞらえて不特定多数の人間に読ませるなんて歯の浮くようなマネ、石原慎太郎あたりで終わったと思ったんですがね。

 彼は意外と、アナクロな人間なのかも知れません。

 さてさて、日銀砲が14日に炸裂しそうな予感です。

 一面うれしいですが、スワップにどれだけの影響が出るかわからないため、不安でもあります。
 さて、どうなりますことやら。

 外為どっとこむが、口座を開いて200万円入れるだけで11000円くれるという、よく分からないキャンペーンを始めたので早速開設申し込みしてみました。
 手数料が別建てでかかるところは基本的に使わない予定なので、もちろん、200万円入れたという記録だけ先方のコンピューターに残し、11000円ともども全額出金するつもりです。

 せこい? それはそうでしょうが、いまどき、ただで11000円くれるという企業があったら教えて頂きたいものです。
 私と、妻とで2口座開ければ22000円。

 ちょっとしたおこづかいになってしまいます。

 FXは一攫千金をねらうものではなく、あくまで生活防衛のための手段というのが、私の認識です。
 実際の取引で稼がずとも、それ以外のところで収入がもらえれば、リスクはゼロなのですから、こんなうれしいことはないじゃありませんか。

 それにしても外為どっとこむ、大丈夫かなあ。こんな大盤振る舞いして。

 この会社のパブリシティの方針が、「後は野となれ山となれ」ではないことを祈って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »